注目の記事 PICK UP!

【はい、モテます】大企業の彼氏って魅力的?合コンや街コンでモテるのは本当か

大企業に勤めている彼氏というと、こんなステータスをイメージする人が多いのではないかと思います。

EXAMPLE

・収入は安定している
・落ち着いているイメージ
・専業主婦になって理想の家庭を築けそう
・世間体最強
・念願のマイホームも買える

・・などなど、ポジティブイメージが強いですよね。

こういったイメージが、

大企業の男性 is モテる!!

というイメージを形成しているのだと思います。

今回は、
大企業の彼氏って実際どうなの?イメージ通りなの?
ということと、
合コンや街コンでモテ具合
というのを、実体験ベースで紹介していこうと思います。

Sponsored Links

大企業に勤めている男性のイメージの答え合わせ

冒頭で上げた世間のイメージベースで回答していきます。
イメージと現実とでいくつかギャップがあるものがありますw

収入は安定している

これは合っています。ゆるやかに給料の額は上昇していき、大企業は福利厚生が手厚い傾向にありますので滅多に給料が減ることはないです。
ボーナスも安定。
ただし、優雅な生活が送れるほどか、と聞かれるとそれは別。
30代後半に差し掛かるくらいにならないと、そこまで給料の額が多くないのが日系大企業の特徴です。
(一部企業は別。例えば商社とかは30歳で1000万円。だから若い女性に人気が高い傾向がありますね。)

それでも一般よりかは全然給料をもらえているので、普通の暮らしを目指す分には問題なし。
付き合っている間や、子供がいない間であれば海外旅行に行くのも苦にならないですね。
(子供が生まれて家族で海外・・となると家計にダメージありです)

落ち着いているイメージ

大企業に行く人は、高学歴でマジメで・・という印象から落ち着いているイメージというのが連想されているのかなと思います。
ちなみに「落ち着いている」というのは「浮つかない人」、「女遊びが激しくない人」ということをここでは意味しています。

結論、落ち着いている人ばかりではないです。
マジメな人と遊んでいる人は、3:7くらいの割合で遊んでいる人、つまり落ち着きがない人のほうが多いイメージですね。
ただし、年齢を重ねるに連れてどんどんマジメな方にシフトしていきます。

女性的にも、結婚する前にちゃんと遊んでおいてほしいという意見が多く(結婚してから遊びに目覚めるのが最悪のため)、大企業の男性と結婚したい女性は、マジメな方にシフトしていくタイミングの男性に出会えると一番理想的ですね。(感覚的には30歳前後)

専業主婦になって理想の家庭を築けそう

これは女性の方々がどれほどの生活レベルを想定しているのかに依ります。
大企業の彼氏や旦那は、「収入は安定している」のですが、専業主婦となると決して裕福な生活はできません。
しかし、「可もなく不可もなく」(つまりごく普通の家庭)の生活レベルが目指している家庭の姿なのであれば、まさに大企業の彼氏は正解でしょう。

世間体最強

大企業に勤めていると、多くの人がその企業を知っているので確かに世間体は良いですね。
基本的に、大企業に勤めていると彼女の両親に挨拶に行く場合など、受けが良いケースが大半です。

余談ですが、本当に上位のエリート層同士の会話になってくると、年収をメインに比較し、大企業の中でも格付けがされたりもしますw
確かに大企業の中でも、外資系企業などになると給料の額が全然違うのでそういう話になることが多いのですが、「世間体」という意味だと日系の大企業の方が知っている人が多いので、外資系企業よりも第一印象が良いことが多いのも事実です。

念願のマイホームも買える

これもYES。
大企業に勤めているだけで「信用」を手に入れることができますので、ローンを組むことが容易になります。
マイホーム欲求が高い人は大企業に勤務するか、大企業のパートナーを捕まえると良いですね。
他にも、クレジットカードの審査が容易になったり、(おすすめしませんが)消費者金融からお金を借りることも容易になります。

Sponsored Links

大企業の男は合コンや街コンでモテるのは本当か

これだけメリットを示せばお分かりかと思いますが、大企業の男はモテます
よほど変な性格だったり、外見がひどかったり、体臭がすごかったり・・というイレギュラーケースを除いてモテますね。

合コンの場合、大企業の会社と合コンするかと友達に聞けば、高い確率で合コンをやりたいと回答が得られますし、街コンではまず会社名だけで注目を集めることができます。

ちょっといやらしい話に聞こえますが、先に上げた大企業に勤めている人のメリットを加味するとそりゃそうなるわなという感じですね。
特に結婚の欲求が高まっている30歳前後の女性にとっては、大企業に勤めているということはかなり魅力的なケースが多いです。

少々話が変わりますが、この記事を読んでいる人は次のような方かなと想定していて、

EXAMPLE

・彼氏が大企業に勤めているのだけれども、付き合いで合コンとかに行っていて心配
・大企業に勤めているが、なぜかモテない
・大企業に入ればモテると思っている人

という人かなと。

最後に、それぞれの人に向けたメッセージでこの記事を締めたいと思います。

彼氏が大企業に勤めているのだけれども、付き合いで合コンとかに行っていて心配

この記事を読んで、ますます心配になったことだと思います笑
結局、こういった人の悩みは「浮気されてしまうのではないか」という心配ですよね。
とはいえ会社員としての付き合い、というのも理解してのことだと思うので、なんともアクションが取りづらいところだと思います。
ですが、モテるのは事実ですので浮気される可能性は否定できません。
ですので、合コンに行ってほしくはないことを上記のような理由でモテるからヤキモチやいてしまうの・・。
みたいな感じで、それとなく伝えてみてはいかがでしょう。
それでも合コンに行って浮つくような人であれば、とっとと別れて次の男性を見つけましょう。
世の中には多くの男性がいますし、ショックなんて乗り越えてしまえば良い思い出と化します。

大企業に勤めているが、なぜかモテない

これはなかなか出会いがない、という人かなと思います。
もしくは、
・なかなか合コンを組んでも良い人がいない・・
・街コンに行っても良い人がいない・・

という人。

こういった人には、マッチングアプリの選択肢も考えるべきです。
というのも、マッチングアプリはなんだかんだ大企業の人が利用している率が高いのです。
事実、私の勤めている社内でも、独身男性であっても女性であっても、一定数マッチングアプリを使用している人を知っています。
なぜマッチングアプリを使用する率が一定数出てくるかと言うと、新入社員の時や若手時代にはまだ周囲が合コンなど盛んに行っていたものの、徐々に結婚などで落ち着き始めると出会いが無くなってしまいます。
まあ事実、年齢を重ねるごとに魅力的な人というのは続々と結婚していってしまうので、良い人と出会う確率が下がるのは否めません。
そこで、マッチングアプリが活躍しているわけです。
多くのマッチングアプリが近年リリースされていますが、私の周囲でよく使われているのはPairs(ペアーズ)
女性は無料、男性は登録までは無料ですが、女性とやり取りをする際に月額費用が発生する仕組みになっています。
でもまあ、飲み会とかに行く費用よりかは安いですよね。
実際にPairs(ペアーズ)を使用してお付き合いまで至ったケースも何件も知っていますし、アクションを起こしてみる価値はあります。

大企業に入ればモテると思っている人

若手のうちは大企業に入社したからといって、それだけでモテることを実感することはそこまでないかもしれません。
しかし、30歳くらいになると大企業に入社した効果が特に顕著になっていきます。
最初モテることがイマイチ実感できなくても、焦らず自分を磨いていくと30歳くらいに開花する可能性が非常に高まります。

最後に、大企業に入ればモテる以外にも安定的な収入を得つつ、様々なことにチャレンジしていけるので個人的にはおすすめしています。
特にこの時代、副業をすることで個の力でいくらでも裕福さを増していくことができます。

大企業x副業が最強な理由を以下の記事で語っていますので、ぜひチェックしてみてください。

今回はこのあたりで。

関連記事

  1. 大企業と副業の組み合わせが最強!スキルと安定収入と副収入を手に入れろ

  2. 大企業で出世する人とできない人の違いは明確。出世競争はそこまで激しくない

  3. 大企業へ就職は本当に勝ち組?そのメリットとデメリットとは

  4. 大企業の転勤が嫌で断る方法ってあるの?【断るデメリットは認識しておくべき】

  5. 大企業が安定している説は崩壊?リストラされる時代がやってくる?

  6. 会社員に向いていない人、向かない人ってどういう人?【会社員vs個人】

  7. 会社でうつ病になった人はすぐにリストラ対象にすべき【合理的に考えて当然】

  8. 大企業と中小企業の割合と従業員数はどれくらい?人数で定義されているの?

  9. 【大企業vs公務員】令和時代に就職するならどっち?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

このサイトの運営者

サイト運営者のティモンです。自分は大企業に入社してから、副業・転職活動をこなして収入を上げてきました。

大企業に勤めたからといって、そこまで収入を得られるわけでもなく、税金も増えるこのご時世、裕福と言える生活を送るのは難しいと思います。
そこで私が実践してきたのが、主に以下の3点。

・大企業の給料をベースにしつつ、副業で収益を得ることでお金に余裕が生まれる。

・給料ベースを上げるために転職をして年収を数百万円アップさせる。

・貯蓄しても価値がないこのご時世、投資に回すことで年利3〜4%の収益を得る。

このサイトでは、私が経験してきた上記の内容について、ノウハウや事実を発信する目的で立ち上げました。

また、大企業のみならず、サラリーマンは人間関係や仕事で悩みを抱えている人が多くいます。できれば会社に行きたくないと考えている人が8割を超えるのではないかと思います。

自分が周囲で聞く悩みについて、自分の経験ベースで解決策を発信していきます。

 

 

Follow Me!!

PAGE TOP