注目の記事 PICK UP!

SIerのリストラはいつから始まる?【富士通の早期退職も考察】

今回は、今後のSIerの将来像を踏まえた上で、どれくらいからリストラがどのように始まっていくのかを予測してみたいと思います。
まずはSIerの側面も持つ富士通が早期退職を実施したので、そのお話から考察していきます。

Sponsored Links

富士通の早期退職について

大規模メーカでもあり、大手SIerの側面も持つ富士通が2019年に早期退職を打ち出したのがIT業界で話題になりました。
早期退職とは名ばかりの、結局は出世できずになんとなく会社に属し続けている45歳以上のリストラですよね。
(同じくSIerの側面を持つNECも、早期退職を募集していましたが、それはハード事業に対象が限定されていたようだったので、この記事では割愛しています。)

今回、会社の方針としては間接部門の社員が全体の14%の割合におよぶということで、一般的には10%に対して多すぎると。
そこにメスを入れるべく、早期退職に加えて人員の配置転換も行っているようですね。

この記事は今後のSIerのリストラに関する考察ですが、富士通の早期退職の目的を見ても、IT部門の人員削減はそこまで行われないことが推測されます。
短中期的に見ればまだまだSI事業は健在で、特にクラウドへの転換はどこの企業も今後やっていかなければならず、そこに人手が必要となり、ビジネスモデルを最適化していく必要があります。

削減したいのは、RPAやAIを導入することで置き換わってしまう業務にかかる人件費です。
間接部門はまさにその対象ですよね。

他の大企業も同様で、間接部門や、単純繰り返し作業などの業務削減は普遍的になることが容易に想定できます。
例えば、毎日顧客が書いたアンケート用紙などからパソコンにデータ入力して、エクセルで整理し、グラフなどで可視化する…
こういった作業は全く価値がなくなります。すでにAIツールを導入すれば無人で実現可能です。特に、大企業では今後こういったツールの導入が加速します。
コロナの影響で、大人数で集まって作業をするということが困難になった環境において、上記のような対策を講じるのはもってこいの時期だからです。
(だからこそ、今そんな業務の比重が高い人は、すぐにでもその場を離れるべきなんです。今は必要とされていても、いつ会社を追い出されるかわかりませんし、仮に仕事があったとしても収入が上がる可能性は極めて低いと言わざるを得ません。)

Sponsored Links

大企業に入社してぬくぬくと定年までを謳歌する考えは通用しない

「大企業に入れば安定だ」

というのは昔から言われてきたことですが、私はこう言い換えたいです。

「向上心を持って大企業に入れば安定だ」

やはり、大企業に入社することがゴールになってしまい、毎日言われた仕事ばかりこなしていたり、会社にいるだけで給料がもらえる環境に満足している人は危険ですよね。
リストラ対象になってしまうのは、こういう人たちです。今は45歳以上となっていますが、今後、このしきい値がどこまで下がってくるかなんてわかりません。
40歳でリストラになってしまったら、これまでの生活を変えなければならず、家族がいる場合には痛恨以外の言葉が見当たらないくらいです。

一方、向上心がある人を手放したいと思う会社はどこにもありません。
と同時に、本業での経験を副業に活かすことをこのサイトではおすすめしています。

理由は以下の通りで、

POINT

・本業での学びを言語化することで、意思疎通レベルが格段に上がる
・本業とは別の収入源と作ることができ、余裕につながる
・余裕が出ると人間性が変化し、人望が出る

というようにメリットありまくりなのです。

自分のツイッターでもこんな感じで投稿しています。私も副業しているわけですが、余裕が生まれるのは強く感じます。

唯一のデメリットは副業には相応の時間が必要になりますので、本業一本で市場価値を上げて年収upさせるんだ、という方向性もありですね。
人それぞれのライフスタイルで良いと思います。

Sponsored Links

SIerのリストラはしばらく発生しない

さて、本題への結論ですが、個人的にはあと10年くらいは今のSIer構造を維持できるものだと考えます。

将来のSIer像に関しては以下の記事でも詳細に述べていますので参考にどうぞ。

ざっと言うと、

POINT

・直近はオンプレからクラウドへのリフト&シフトの需要高
・これまでのSI事業の拡大は厳しい。がしかし、需要は残り続ける
 →理想的には、ユーザ企業が自社でシステムのコア部分の開発を自前で行えることが理想(内製化)だが、望みは薄いため。
・中期的には各SIerはDX人材の供給ポイントへシフト。ここで下請けSIerの需要が下がり続けると予想

こういう予測背景を踏まえると、当分の間、SIerの需要というのは不変であると予想します。

とはいえ将来を見越すとSIerは大手に行くべき

これはこのサイトのいろいろな記事で書いている気がするのですが、最終的には下請けしているSIerは厳しくなると思います。

新卒〜40歳までの方々は、SI業界で仕事をしていくのであれば大手SIerへの就職もしくは転職をおすすめします。努力すれば到達可能なレベルだと思いますので。

大事なことなのでもう一度。

SIerは大手一択

です。

この話の詳細は以下の記事を参考にしてみてください。

▼入社候補の選定の参考には以下の記事をどうぞ。

あくまでも個人的な見解ですが、日本がIT後進国と言われているのは、各ユーザー企業がSIerへの依存度が高すぎて、自分たちでITに関する最適な意思決定ができていないということだと思っています。
本気でIT活用しようとする企業は、今後SIerや外資IT企業から優秀な人材を確保しようと動きが活発化するはずです。(すでにそういう流れになっている感じがありますね。)
せっかくITを生業にしているのであれば、将来を予測しつつ、世の中の大まかな方向性を把握し、自分がどのポジションで勝負するのか、一度考えてみてはいかがでしょうか。
この記事含め、このサイトの何かしらが参考になれば幸いです。

SIerでもプロジェクトマネージャなどのスキルが身につきますが、技術をひたすら極めてプロダクトに活かしていきたいという人は、プロダクト開発している企業や部署の方が総じて幸福度が高くなるのではと考えています。

今回はこんなところで。それでは。

関連記事

  1. 【SIerの仕事内容】1次請け(元請け)開発の場合の1日を各工程毎に書いてみた

  2. SIerではどんな研修を受けることができるのか?元SIer社員が説明します

  3. SIerのメリットとデメリットを元社員が解説【他のIT企業と比較】

  4. 【Sierで働くSE】プログラミングはほとんどしない【できないわけではない】

  5. SIerでグローバルに働きたいと持っている人へ【駐在チャンスは極少】

  6. 【SIerの客先常駐は2パターン】中の人として実際に見てきた内容で解説

  7. 【SIerはなくならない?】色々言われてる未来予想につっこんでみる

  8. 【SIerの面接】逆質問の方法を解説します【新卒と中途どちらもOK】

  9. SIerでマネジメントではなく技術力高めたい人向け【ベンチャーへの転職はあり?】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

このサイトの運営者

サイト運営者のティモンです。自分は大企業に入社してから、副業・転職活動をこなして収入を上げてきました。

大企業に勤めたからといって、そこまで収入を得られるわけでもなく、税金も増えるこのご時世、裕福と言える生活を送るのは難しいと思います。
そこで私が実践してきたのが、主に以下の3点。

・大企業の給料をベースにしつつ、副業で収益を得ることでお金に余裕が生まれる。

・給料ベースを上げるために転職をして年収を数百万円アップさせる。

・貯蓄しても価値がないこのご時世、投資に回すことで年利3〜4%の収益を得る。

このサイトでは、私が経験してきた上記の内容について、ノウハウや事実を発信する目的で立ち上げました。

また、大企業のみならず、サラリーマンは人間関係や仕事で悩みを抱えている人が多くいます。できれば会社に行きたくないと考えている人が8割を超えるのではないかと思います。

自分が周囲で聞く悩みについて、自分の経験ベースで解決策を発信していきます。

 

 

Follow Me!!

PAGE TOP