注目の記事 PICK UP!

【米国株・日本株】サラリーマンの2020年9月の配当金結果

前回記事に続いて配当金の結果報告記事になります。
一度ブログを更新する習慣が途絶えてしまうと、中々更新しなくなってしまって悲しいです(泣)
というか、もう来月にはまた配当金が入金されるというくらい、更新頻度が滞っていますね、、

もともとはIT関連の自分の知見を発信していくコンセプトで開始したこのブログですが、ただ配当金の結果を発信するブログになっていきそうです。配当金は結果まとめたりするのも楽しく、それはそれで良いのですが、ブログ自体の更新頻度が配当金のタイミングしか無くなるのでもうちょっとがんばります。

さて、2020/9月の配当金です。高配当株への投資を開始してから4回目の配当金結果です。

Sponsored Links

2020/9の配当金

2020/9の配当金

SPYD:74.55
HDV:53.6
XOM:115.05
合計:243.2
(単位:米ドル)

JT:7700円

という結果です。SPYDの配当金が減配してしまった影響で、ちょこちょこ買い増しているものの、前回結果(SPYD:92.18ドル)に比べると大きく下がりました。
まあ、そんなこと言っても、私の投資額ではかすり傷にもなっていないレベルの影響度なんですけどね笑

エクソンモービルは大きな負債を追っていますが、3ヶ月に一度1万円ほどをコンスタントに運んでくれる存在になりました。
もはや負債額は気にならないです。ただただ倒産しないことだけ、そして減配しないことを祈るばかりです。
減配してしまうと、業績が上がらない限りはなかなか増配に戻るまで時間かかりますからね・・。
そうなると一時的には紙くずと化してしまいます。

日本株は相変わらずJTのみ。オリックスや総合商社株は買おうかと思いますが、買う機会を逃してしまいました。

Sponsored Links

2020年の年間配当金

1年間でおよそ10万円の配当金をもらえるようになりました。
来月の記事で年間配当金額を公開していきますが、およそ10万円です。
高配当株はこうやって年間収支が予測できるのも、良い点です。

セミリタイヤするための年間配当金の目標が400万円なのですが、このままの単純計算だと39年くらいかかってしまいます。
倍以上の投資金額を積んでいく必要がありますね。
引き続き、積み上げていきます。

関連記事

  1. 【米国株・日本株】サラリーマンの2019年12月の配当金結果

  2. 【米国株・日本株】サラリーマンの2020年3月の配当金結果

  3. 【米国株・日本株】サラリーマンの2020年6月の配当金結果

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

このサイトの運営者

サイト運営者のティモンです。自分は大企業に入社してから、副業・転職活動をこなして収入を上げてきました。

大企業に勤めたからといって、そこまで収入を得られるわけでもなく、税金も増えるこのご時世、裕福と言える生活を送るのは難しいと思います。
そこで私が実践してきたのが、主に以下の3点。

・大企業の給料をベースにしつつ、副業で収益を得ることでお金に余裕が生まれる。

・給料ベースを上げるために転職をして年収を数百万円アップさせる。

・貯蓄しても価値がないこのご時世、投資に回すことで年利3〜4%の収益を得る。

このサイトでは、私が経験してきた上記の内容について、ノウハウや事実を発信する目的で立ち上げました。

また、大企業のみならず、サラリーマンは人間関係や仕事で悩みを抱えている人が多くいます。できれば会社に行きたくないと考えている人が8割を超えるのではないかと思います。

自分が周囲で聞く悩みについて、自分の経験ベースで解決策を発信していきます。

 

 

Follow Me!!

PAGE TOP