注目の記事 PICK UP!

【米国株・日本株】サラリーマンの2021年6月の配当金結果

あっとういう間に、6月の配当金の時期となりました。
といってもこの記事を書いているのは8月で、もうあと1ヶ月で9月の配当金の時期になります。
前回からはコンスタントに積み上げて、また配当金が増加した・・!という報告を本当はしたかったのですが、残念ながら当方が仕事に集中し過ぎて株式のことを完全に忘れておりました笑
一般人が株式投資する場合、基本的には買って放置するのが最も勝率が良いともされており、そういう意味では株式関連でメンタル的にも何も影響なく過ごせたのは逆に良かったのですが、自動での購入設定などを設定していなかったため、この3ヶ月間の新規株式購入金額はなんと0円です(泣)

Sponsored Links

2021/6の配当金

ということで、前の2021年3月時点とそこまで変わらない配当となりました。
税引き後で約500ドル弱。

一方で、日本株の方はというと、税引き後で12,000円の収入なので、
日本円換算でおよそ65,000円が3ヶ月ごとに配当として得られることになりますね。
毎月、およそ16,000円、収入があるという状態です。

ぶっちゃけ配当金は証券口座に入るので、そこから引き出して何かに使うということもせず、ひたすら再投資にまわしています。

2021年9月に向けては、まだそこまで市場的にお買い時な状況でもないため、一気に投資金額を増加するわけではなく、とはいえこのまま株価が上昇していく可能性もありますので、投資金額は抑えめに、配当金増加に向けて積み上げていきたいと思います。

関連記事

  1. 【米国株・日本株】サラリーマンの2021年3月の配当金結果

  2. 【米国株・日本株】サラリーマンの2019年12月の配当金結果

  3. 【米国株・日本株】サラリーマンの2020年6月の配当金結果

  4. 【米国株・日本株】サラリーマンの2020年3月の配当金結果

  5. 【米国株・日本株】サラリーマンの2020年9月の配当金結果

  6. 【米国株・日本株】サラリーマンの2020年12月の配当金結果

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

このサイトの運営者

サイト運営者のティモンです。自分は大企業に入社してから、副業・転職活動をこなして収入を上げてきました。

大企業に勤めたからといって、そこまで収入を得られるわけでもなく、税金も増えるこのご時世、裕福と言える生活を送るのは難しいと思います。
そこで私が実践してきたのが、主に以下の3点。

・大企業の給料をベースにしつつ、副業で収益を得ることでお金に余裕が生まれる。

・給料ベースを上げるために転職をして年収を数百万円アップさせる。

・貯蓄しても価値がないこのご時世、投資に回すことで年利3〜4%の収益を得る。

このサイトでは、私が経験してきた上記の内容について、ノウハウや事実を発信する目的で立ち上げました。

また、大企業のみならず、サラリーマンは人間関係や仕事で悩みを抱えている人が多くいます。できれば会社に行きたくないと考えている人が8割を超えるのではないかと思います。

自分が周囲で聞く悩みについて、自分の経験ベースで解決策を発信していきます。

 

 

Follow Me!!

PAGE TOP