注目の記事 PICK UP!

【米国株・日本株】サラリーマンの2021年9月の配当金結果

引き続き、いつの間にか誰も興味ないであろうサラリーマンの配当金結果の記事だらけになってしまっている当ブログですが、懲りずにまた2021/9の配当金結果を残していきたいと思います笑

大きくはHDVの買い増しをしました。米国株は日本株と違って、配当確定日(ここまでの日付に買えば次の配当日に配当金あげるよ、という日)から配当日(実際に配当金が振り込まれる日)までの時間が短くて良いですね。

一方で、当方は配当金をやはり円で受け取りたいので、日本株も新規に購入しています。なかなか買いにくいなーという状況が個人的には続いたのですが、9月末頃に株価が大きく下落したタイミングで、一定量を購入。ですが、ほとんどが12月配当月なので、次回2021/12の配当金での登場になります。

Sponsored Links

2021/9の配当金

米国株

492.24ドルの配当。なんだかHDVなどは配当率が下がってしまった分、買いまししたものの大きく配当金がこれまでと比べて増加することもなく、という感じでした。
このままだと、年間配当はおよそ2000ドル程度となりそうですが、これから12月、3月の配当月までにさらに買いまししていきたいところです。

2019/12に初めて配当金を受け取ってから、累計で2588ドルとなりました。

日本株

日本株の配当は、JT100株分の6500円のみ。悲しいですね。12月には、三井物産、アビスト、三菱HCキャピタルを購入していますので、これらが追加されてもうちょっとまともな配当金になります笑

関連記事

  1. 【米国株・日本株】サラリーマンの2020年3月の配当金結果

  2. 【米国株・日本株】サラリーマンの2020年9月の配当金結果

  3. 【米国株・日本株】サラリーマンの2019年12月の配当金結果

  4. 【米国株・日本株】サラリーマンの2020年6月の配当金結果

  5. 【米国株・日本株】サラリーマンの2021年6月の配当金結果

  6. 【米国株・日本株】サラリーマンの2021年3月の配当金結果

  7. 【米国株・日本株】サラリーマンの2020年12月の配当金結果

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

このサイトの運営者

サイト運営者のティモンです。自分は大企業に入社してから、副業・転職活動をこなして収入を上げてきました。

大企業に勤めたからといって、そこまで収入を得られるわけでもなく、税金も増えるこのご時世、裕福と言える生活を送るのは難しいと思います。
そこで私が実践してきたのが、主に以下の3点。

・大企業の給料をベースにしつつ、副業で収益を得ることでお金に余裕が生まれる。

・給料ベースを上げるために転職をして年収を数百万円アップさせる。

・貯蓄しても価値がないこのご時世、投資に回すことで年利3〜4%の収益を得る。

このサイトでは、私が経験してきた上記の内容について、ノウハウや事実を発信する目的で立ち上げました。

また、大企業のみならず、サラリーマンは人間関係や仕事で悩みを抱えている人が多くいます。できれば会社に行きたくないと考えている人が8割を超えるのではないかと思います。

自分が周囲で聞く悩みについて、自分の経験ベースで解決策を発信していきます。

 

 

Follow Me!!

PAGE TOP