注目の記事 PICK UP!

【米国株・日本株】サラリーマンの2021年12月の配当金結果とAT&Tスピンオフ対応

2021年ももう終わりですが、この月が一番収入が多い月なので、生き返る気持ちになります笑
給料とボーナスと配当金。
本業では収入を上げることに努めつつ、給与収入を株式投資に回す。
ちょうど2年前から開始した高配当株投資ですが、そこそこ配当をもらえるようになりました。

Sponsored Links

2021/12の配当金

米国株

今回の配当金合計で、528ドル。
累計で3000ドルを超える配当金受領です。
投資開始してから2年で3000ドルって考えると個人的にはまずまずテンション上がります。

主力はSPYDとHDVですが、今回のSPYDの配当金は少なかったので、想定よりも配当金が少なかったですね。

日本株

投資を始めてまずは米国株を中心に投資していました。
ただ、やっぱりキャッシュとしては日本円が欲しいので、最近は日本株を中心に投資しています。
日本株は米国株と違い、SPYDやHDVと言った、優良株に安い経費率で分散投資できるパッケージ製品がないので、個別株を購入していっているところです。
米国株と比較すると日本株は成長率が低いなーと思うのですが、まだまだ割安だなと思うものがありますので、そのあたりを中心に買い増ししていきます。

配当金としては、12月に約20,000円。

ということで、全体では8万円弱といった配当金収入です

Sponsored Links

AT&Tのスピンオフが面倒

スピンオフっていうのは、AT&Tの一部事業を別の会社として切り出すということです。
それに伴い、所持しているAT&Tの一部株が切り出された会社の株として振り出されることになります。

何が面倒かというと、振り出される会社の株が一般口座に振り出されてしまうということです。
一般口座というのは、自分で確定申告する必要のある口座になります。
なので、この株だけのために、毎年確定申告しなければならないということです。
そして確定申告するときの諸々の根拠の保存(売買価格など)もする必要があります。
AT&Tはハイパー高配当株なので、少ない投資額で大きな配当金を受け取っていたのですが、流石に面倒なので、個人的には手放す方針です。
せっかく長期保有前提で持っていたのですがね・・。

関連記事

  1. 【米国株・日本株】サラリーマンの2021年3月の配当金結果

  2. 【米国株・日本株】サラリーマンの2020年6月の配当金結果

  3. 【米国株・日本株】サラリーマンの2021年6月の配当金結果

  4. 【米国株・日本株】サラリーマンの2020年9月の配当金結果

  5. 【米国株・日本株】サラリーマンの2020年3月の配当金結果

  6. 【米国株・日本株】サラリーマンの2020年12月の配当金結果

  7. 【米国株・日本株】サラリーマンの2019年12月の配当金結果

  8. 【米国株・日本株】サラリーマンの2021年9月の配当金結果

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

このサイトの運営者

サイト運営者のティモンです。自分は大企業に入社してから、副業・転職活動をこなして収入を上げてきました。

大企業に勤めたからといって、そこまで収入を得られるわけでもなく、税金も増えるこのご時世、裕福と言える生活を送るのは難しいと思います。
そこで私が実践してきたのが、主に以下の3点。

・大企業の給料をベースにしつつ、副業で収益を得ることでお金に余裕が生まれる。

・給料ベースを上げるために転職をして年収を数百万円アップさせる。

・貯蓄しても価値がないこのご時世、投資に回すことで年利3〜4%の収益を得る。

このサイトでは、私が経験してきた上記の内容について、ノウハウや事実を発信する目的で立ち上げました。

また、大企業のみならず、サラリーマンは人間関係や仕事で悩みを抱えている人が多くいます。できれば会社に行きたくないと考えている人が8割を超えるのではないかと思います。

自分が周囲で聞く悩みについて、自分の経験ベースで解決策を発信していきます。

 

 

Follow Me!!

PAGE TOP