注目の記事 PICK UP!

【元Sierが見てきた】Sierを辞めたいと思う人の5つのパターン

【元Sierが見てきた】Sierを辞めたいと思う人の5つのパターン

自分もSierを辞めていますが、もちろん自分の周りでもSierを辞めた人を色々見てきました。

そこで、Sierを辞めたいと思う5つのパターンを用意してみました。
ちなみに、今回の記事でSierを否定するものでもなんでもなく、結局は自分の価値観や能力によって辞めたいかどうかが決まるというだけの話です。
当然ながら、自分が辞めた理由もこの5つのパターンの中にあります笑

Sierについての展望は、最近流行りのDXと関連させて以下の記事で語っていますので、よければ参考に。

では本題です。

Sponsored Links

Sierを辞めたいと思う人の5つのパターン

ざっとこんな感じです。

Sierを辞めたいと思う人の5つのパターン

①Sierやコンサルではなく事業会社で仕事がしたい
②Sierで求められる自分の能力が追いつかない
③もっと技術者寄りの仕事がしたい
④出世ルートから外れた
⑤収入をもっとあげたい

具体的に解説していきます。

①Sierやコンサルではなく事業会社で仕事がしたい

これはですね、以下の記事で解説しています。

簡単にここでも述べておくと、以下のような構図がある中で、本当にSierでお客様のビジネスをドライブしている状態になっていると言えるのか、を自問自答すると、
Sierやコンサル側ではない事業会社で仕事をしたほうが合理的ではないか、という発想ですね。

POINT

作るシステムや仕様はお客様が決定する

そのシステムの仕様を実現するためにSierが存在する

Sierがシステムを開発するものの、果たしてそれがお客様のビジネスにどれだけの効果があったのかはわからない

次にどうするべきかを決定するのもお客様

このように考えるSierの人は結構増えている印象で、今後も増え続けると思います。

②Sierで求められる能力が追いつかない

Sierの社員が要求されるのは、大雑把にいうとこんな感じ。

Sierで求められる能力

①お客様の業務理解力
②技術者と会話可能な技術スキル
③様々なステークホルダーとの調整能力
④リーダーシップ

Sierの新卒採用の特徴としては、②はほとんどみていないです。
どちらかというと、③と④が大切。このあたりは社会人になっていきなり身につくものではないので、その素養がある人でないと苦労します。
しかしながら、③と④の素養がない人が毎年一定数、入社してきます。
この人たちは、よっぽどメンタルが強く無い限り、会社に来るのがしんどくなります。
会社が要求しているレベルの仕事をこなすことができないからです。
これで転職できればよいのですが、Sierの給与水準は世の中の平均よりも高く設定されている傾向にあります。
今の生活レベルを落としたくないけど、会社は辞めたい・・・。

このパターンが一番つらいでしょうね。採用担当にも責任があると思います。

③もっと技術者寄りの仕事がしたい

Sierでも、入社して最初の1,2年は開発者となり、設計・プログラミング・テストを行います。
おおよそがLinuxとjavaを使っている印象ですね。
3年目くらいからは、基本的にマネジメントする方向へキャリアの舵が切られます。
というよりも、実務として設計・プログラミング・テストを行う理由がそもそもマネジメントをするための準備期間だったりします。
ここで、プログラミングが面白いと思っているのに、マネジメントに舵を切られて、転職をする人が一定数います。
もちろん、Sierの中でも技術者を集めている部署もあり、マネジメント以外のキャリアを積むことは全然可能なのですが、
技術スキルを習得したい人材は、割と転職している印象ですね。
理由としては、Sierとして有望な人材はマネジメント(プロジェクトマネージャー)だ、というイメージが強いからかもしれません。
つい最近までは実際にそうだったと思います。プロジェクトマネージャーでないと出世していくのは難しいという話は、私も新卒入社時に聞いたことがあります。
しかし今はそんなことないと思いますね。

もう一つ、転職していく人は、自社プロダクト開発に興味がある人が多いです。
残念ながら、どこのSierでも自社のプロダクト開発をして成功している例は極少です。
せっかく自分の手で開発するのであれば、世の中で多くの人が認知しているサービスやプロダクトに携わりたい、
という気持ちは理解できますね。

④出世ルートから外れた

これも転職ではあるある。
というか、SierとかIT企業にかぎらず、どこの企業でもこれが原因で転職を考える人はいると思います。
しかしながら、幸いなことにIT企業。
出世を目指してガツガツ仕事をしていたのであれば、ITスキルはどこの産業でも必要とされるので結構転職成功率は高め。
でも年収の大幅なupは相当なスキルと実績、あとは面接でのコミュ力、仕事に対する野心がないと難しく、
年収がそこまであがらないのであれば、今の会社のままでいっか、となりがちなケースも見てきました。

⑤収入をもっとあげたい

これもSierに限った話ではないです。
Sierは日系企業がほとんどですので、その給与水準は上位企業と比較すると劣る部分があります。
Sierの中で物足りなさを感じたり、仕事の難易度が昔に比べて低くなってきたと感じた時、周囲の人たちと同じ給料で働くことに嫌気をさす人もいたりします。
自分はもっと給料をもらっても良いはずだ!
そう思って転職する人は、どこの業界でもいるものです。
そして確かに、IT業界は転職で給料を上げやすい。
年収を上げることだけ考えれば、英語を勉強しつつ外資IT企業を突破することが最も効率的です。
事実、とにかく収入を上げたい!という人は、外資ITコンサルへの転職が圧倒的に多いです。

おまけ 人間関係で悩む人は?

もう一つ、人間関係で悩む人は正直あまり見ません。
見たことはありますが、すぐに社内でプロジェクトを変更する対応が取られていますね。
社内でも人間関係が特に悪い人たちは、絶対に同じプロジェクトにしないような配慮がされていると思います。
ですので、人間関係が悪いことを理由に会社を辞める人はあまりいないかな・・という印象です。
ただこれは大企業の場合ですので、中小企業とかだと結構いるかもしれないですね・・・。

こんな感じですかね。他にもこんなパターンがあるよ、みたいなお話があれば教えて下さいー

以上です。

関連記事

  1. SIerのメリットとデメリットを元社員が解説【他のIT企業と比較】

  2. 【SIerの面接】逆質問の方法を解説します【新卒と中途どちらもOK】

  3. SIerのリストラはいつから始まる?【富士通の早期退職も考察】

  4. 【Sierで働くSE】プログラミングはほとんどしない【できないわけではない】

  5. Sierで働いてみて分かるつまらないポイント【そこからの転職先と志望動機】

  6. 【SIerへの丸投げ】ユーザー企業にとっての問題点を説明します

  7. 【SIerはなくならない?】色々言われてる未来予想につっこんでみる

  8. 【SIerの仕事内容】1次請け(元請け)開発の場合の1日を各工程毎に書いてみた

  9. 【SIerへ入社したい人向け】新卒入社志望動機と転職志望動機の組み方【簡単】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

このサイトの運営者

サイト運営者のティモンです。自分は大企業に入社してから、副業・転職活動をこなして収入を上げてきました。

大企業に勤めたからといって、そこまで収入を得られるわけでもなく、税金も増えるこのご時世、裕福と言える生活を送るのは難しいと思います。
そこで私が実践してきたのが、主に以下の3点。

・大企業の給料をベースにしつつ、副業で収益を得ることでお金に余裕が生まれる。

・給料ベースを上げるために転職をして年収を数百万円アップさせる。

・貯蓄しても価値がないこのご時世、投資に回すことで年利3〜4%の収益を得る。

このサイトでは、私が経験してきた上記の内容について、ノウハウや事実を発信する目的で立ち上げました。

また、大企業のみならず、サラリーマンは人間関係や仕事で悩みを抱えている人が多くいます。できれば会社に行きたくないと考えている人が8割を超えるのではないかと思います。

自分が周囲で聞く悩みについて、自分の経験ベースで解決策を発信していきます。

 

 

Follow Me!!

PAGE TOP